仕事の合間も、外回り中も、残業の時も、徹底的に乳首を責められ、愛液で汚れまくった下着の中は、チン◯を溶かすほど熱く火照っている・・・

072

小さな広告代理店で事務員として働く結羽。男ばかりが勤めるこの会社ではセクハラまがいの発言もまかり通っていた。ある日、結羽はやむを得ずブラジャーを着けず出社したことがバレてしまい、周囲からノーブラちゃんとからかわれるように。「いくら皆に相手にされないからって、会社にノーブラで来るのはどうかと思うぞ?」二人きりで残業中、上司は結羽の肩を揉みながら次第にその手を下におろしていく。「ノーブラだと乳首が擦れて感じちまうんじゃねえか?」それから上司の乳首ハラスメントの日々がはじまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました