人生詰んだオヤジの最後の悪あがき。素朴で純な美少女を全身舐め回す、最初で最後の鬼畜心酔セックス!!!!

JK

金もない…仕事もない…おまけに後一週間でこの家も出て行かなければならない。俺はもう死ぬしかないのか…。そんな時だった。目の前に現れたのは、都会色に染まっていない素朴な田舎娘だった。先輩を頼って田舎から出てきたという彼女は人を疑うという事を知らなかった。どうせ俺には失うものなんてないんだ…「ヤっちまえよ」自分の中にいるもう一人の自分が顔を覗かせていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました