電車内でハメ潮を撒き散らす醜態を晒したくなければ、真夏のマキシワンピにご用心・・・

072

外の暑さに負けないくらい熱気を帯びた満員状態の電車内。乗車してきた夏服の女を狙い痴●師の手は伸びる。身動きの取れない状況で触られた恐怖で女からはジワジワと滴る汗。そして汗ばんだ身体を揉んで、舐めると恥じらいは快感へと変わり次第に感じ始める。汗と愛液が交わりびしょ濡れになったマ○コに挿入すると快楽の頂点を迎えた女は…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました