ナメクジのように美人若妻の身体を舐め回す変態オヤジに愛を感じ、セックス中ず〜っとベロキスする人妻・・・

072

梅雨の湿った季節、最近帰りが遅い夫に対して妻・玲は不安を抱えていた。日に日に遠のく夫との距離感…テーブルに残った夕食を見つめながら玲は孤独に怯えていた。そんなある日、近所の中華屋の親父・杉浦が出前の器を回収しにやってきた。いくら声をかけても反応が無く心配になった杉浦は家に上がり込むのだが、そこにはじっとり汗をかいた無防備な玲が昼寝をしていたのだ。まるで獲物を見つけたかのように生唾を飲み杉浦は…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました